産後ケア@三鷹・高田馬場  「母も赤ちゃんもすこやかに」 

マドレボニータ認定産後セルフケアインストラクター、貫名 友理のブログです。三鷹駅、高田馬場駅で教室を開講しております。

養成コース 初日


12月5日土曜日。晴れ。

 

7か月になる息子のおむつ替えをしている夫の背中に

「じゃあ行ってくるわー!」と私。

 

首だけこちらを向けて「頑張れよー!」と送り出す夫。

 私は勢いよく玄関を飛び出しました。

 

 

 

そう、今日は

マドレボニータ准公認ボールエクササイズ指導士

1期生の養成コースのスタートでした


f:id:yuriiiblog:20151206150840j:image


NPO法人マドレボニータとは、

母となった女性が健康な心を体を取り戻し、家庭・社会で、本来持っている自分の力を発揮できるよう産前・産後の女性に向けた心と体のヘルスプログラムを行っている団体です。

 

そこで准認定ボールエクササイズ指導士の募集が先月あり、

 

 悩んで悩んで悩んで・・・そして出した私の決断。


 やろう。

 

そう覚悟を決めて。

 

 だから今日がとっても楽しみだったし、

不安や怖さよりもワクワクが止まらなかった。

 

実際初日のスクーリングを終えて、

本当に楽しかった!!!

 f:id:yuriiiblog:20151206150901j:image

 

歳をとればとるほど、

学べる喜びを大きく感じる気がします。

こういった場を作ってくださった先生やマドレコミュニティの方にも感謝です。

 

 初日の今日は 

徹底的に正しい動きにこだわりながら、

鏡に映った自分と仲間の動きを見ていく。

そして少しでも正しくない動きを修正していく。

 f:id:yuriiiblog:20151206150909j:image

これがそう簡単なことではないのです。

自分と仲間の動きを見ながら、

「本当にこの動きでいいのか」を見ること。

 

もっと見る目を養って、相手にわかりやすい言葉で簡潔に伝える。これを特訓せねば!

 

 私たちは3か月後には、養成コースを終えてプロとして動き出します。

4か月後には、産後女性を目の前にボールエクササイズレッスンを行います。

 

 今のままじゃ確実に人前になんて出れる状態ではないです。

でもできるようにならなければいけない、タイムリミットがあります。 

 

できないことができるようになる喜びはとてつもない自信に成るとこを知っています。

これもまた、人生の喜び。 

 

 あと今日思ったことは、仲間の存在は強いこと。

 「心折れそう」そう誰かがつぶやいた時には「大丈夫」と声をかける人がいる。

「不安」そう誰かが言った時には「一緒に頑張ろう」と肩をたたく人がいる。

 

 それぞれ色々な状況で臨んでいるこの養成コース。

 

「今」がきっと「社会に貢献できる」日につながると信じて、

仲間と共に頑張りたいと思います。

 

 帰ったら、泣いた息子を抱っこ紐であやしながら

夫が「おかえり」と。

 

 

この二人の為にも私は頑張らなきゃ。と思った土曜日でした。