読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

産後ケア@三鷹 「赤ちゃんも自分も大切に」 

マドレボニータ認定産後セルフケアインストラクター、貫名 友理のブログです。

三鷹教室、本日開講しました!

2016年5月26日木曜日、また私にとって大切な日が増えたようです。

 

 というのも、本日はボールエクササイズ指導士としてのレッスン初日でした。

数日前の「曇り時々雨」の予報から一転、前日に「晴れ」に変わり。天気が味方してくれるとはこういうことか…!?

 

今日のレッスンは産後1ヶ月〜産後8年の方まで、「産後」という共通点で集まった母となった女性たち。

f:id:yuriiiblog:20160527121058j:plain

 

中には「産後初めて電車にのってすごく緊張しました」、という方も。

この60分間の為に、仕事を調整して、家事をやりくりして、子供の体調管理に自分のコンディションも整えて、時間通り家を出れるように神経を張り巡らせて来てくださっている。それはいつもうまくいくわけじゃないし、簡単じゃない。  

産後何年たっていようが状況は違えど、

みなさん 60分間のレッスンのために、時間をつくってきてくださってるんですよね。

今日、この60分間にかけてくださっている「思い」と「期待」をみなさんにお会いした瞬間からヒシヒシと感じました。この数ヶ月間思い描いてきたこの場を、提供できる喜びと、そしてそれ以上にもんすごい使命感と責任感を抱いたのですっ!!

先にデビューレッスンを終えた同期のブログも読みながら、私たちがつくる場でどれだけの価値が・・・、そんなことを考えてました!!

 

けど、レッスンがはじまれば、もう頭でっかちにならずに、目の前にいるみなさんに向き合い全身全霊でぶつかっていくことしかできないと。(ぶつかるって表現おかしいか)丁寧に、でもちょっと暑苦しいくらいぐいぐいと。

 

レッスンが終わり1人になって、また頭で考える瞬間んはじまり。

一生懸命全身で伝えて、そして頭で振り返る今後もこの繰り返しですね!

 

レッスン後に参加者のみなさんとお話しながら、

「産後まもないこの時期にこういう場にこれるっていいよね」

「産後は子育てで自分のケアどころじゃない、だからこそ妊娠中から知れたらいいのに」

参加者が言った言葉。

まず第一にこの場があることを「知る」キッカケが大事だと。

そのあとのハードルももちろんあるけど、ますは「知る」ことから。

 

私ひとりの力なんて、微力すぎて高が知れてます、

だから今日みたいにみなさんの力もお借りしながら、「場をよくしていくために」そして「場の存在を知ってもらうために」一歩一歩動いていくぞーーー!

っと使命感溢れんばかりに抱いたのでしたっ!!!

 

今日来てくださったみなさん、本当にありがとうございました!

 f:id:yuriiiblog:20160527121144j:plain

 

「産後ケアの普及」を仕事とした私、

これからも暑苦しく応援していただけたら嬉しいです!

 

 

よし、がんばるぞーー!

 

 

おわり

 

★ーーーーーー★

6月7月レッスン受付開始しました。

 

詳しくはこちらのブログから。

★ーーーーーー★