読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

産後ケア@三鷹 「赤ちゃんも自分も大切に」 

マドレボニータ認定産後セルフケアインストラクター、貫名 友理のブログです。

アシスタント研修〜合格そして、私に足りない力〜

前回のブログで、いよいよ認定試験とつぶやいていた私。無事に合格し、アシスタント研修が始まっています!(こんなさらっと書くような感じじゃないんだけどwええ。)合格までの道のりは結構、というか想像していたよりも何倍も練習に時間を使い、自分と向き合いながら頭フル回転。できなくて泣きながら、家でトレーニング。そんな私を見て夫はいつも冷静だった。息子を抱っこしながら言ってくれた言葉。「仕事を得るってこういうこと」「これからひとりでやってくんだもん、これだけフィードバックもらえるなんて幸せだね」って。気持ちに寄り添いながら、前向きな言葉をかけ続けてくれた。

 

「合格」を頂けた週末は、2人に(夫と私w)すき焼きを振舞って、ケーキとノンアルコールシャンパンを飲んでありがとうを伝えました。(息子は豪華に奮発して鯛の入った炊き込みおかゆの離乳食♩)

 

この2人がいなかったらここまで来れなかった。これからの方がもっと大変だけど、まずはこの3ヶ月を支えてくれたことにありがとう。

 

そして合格を頂いてすぐに新たな課題に取り掛かります。体のスキルは合格レベルかもしれないけれど、人前で教えるスキルが完璧か?と問われるとyes!と言い切れません。まだ人前で行う経験が足りていません。なので、今は体験会に向けてお友達を前に実際に教室でエクササイズをする流れで練習しています。本日もお友達のお家にお邪魔して行ってきました〜。

 

そして高円寺クラスにアシスタントとして入らせていただき、一部分(約10分間ほど)を担当させていただき、学ばせて頂いています。(いただきいただき言い過ぎw、でもほんとそれくらい有り難い時間)実際に産後女性を目の前にすると、たくさん目に入ってくる情報があります。でも!かけたい言葉がすぐに出てこない。原因は頭で思ったことがすぐ言葉にならない、思考言語力?とでもいうのかな。なんだろ。あと、咄嗟に伝えていく瞬発力が足りない。

レッスンの間勉強のために録音させてもらった、講師たけし先生の言葉を一言一句文字起こしすると、すべての言葉に意図がある。1時間のエクササイズのレッスン中、なんとなく発している言葉がないのです。参加者とのコミュニケーション一言一言もとても奥深い。何気ない言葉が「赤ちゃんの安全」「参加者の安全」につながっていたり。聞けば聞くほど、学びが多く面白いのです。アシスタント研修ならではの学びです。

 頭と体と同時に使うことは難しい、なかなか自分のイメージした自分にはなれません。でもそんなこと目の前にいる参加者のみなさんには関係ないことなので、来週はもっと充実した濃厚な10分が提供できるよう、練習あるのみ。あとは読書の時間も取って頭脳も鍛えたいな。今読み始めたのは、養成コースの今週の課題図書でもある、山田ズーニー著「半年で職場の星になる!働くためのコミュニケーション力」時間、つくるぞ。

 

 

「足りない力を真摯に受け止め、前進あるのみです。」高校3年の時に担任の先生&ソフトボール部顧問(あ、ソフトボール部でしたポジションはセカンド!)に言われた言葉がふと思い出される。あの時は大人になったら、きっと色々なことができるようになるって、勝手に未来の自分に過信していたけど。というか大人になるということは、そういうことだと思っていた。大人には悩みない、みたいな。センター試験とかもないしな。でも大人になっても悩むことがたくさんあるがな、むしろ増えとるがな。大変だけど、楽しい。何年後かに、きっと今も「あの頃は…」とか自分に言われながら振り返られる時が来るのだろう。

 

さてそんなことを考えながら、日々鍛錬は続きます!

3月の体験会、三鷹教室は満席となり、吉祥寺教室は残り2席です。

この機会にボールエクササイズを体験してください^^

 お申し込みはこちら

体験会の詳細はこちらの記事から

 

 皆様のご参加お待ちしています^^